初体験

念願の人生初のディズニーランドに行ったのだ。
 平日に行ったのですいていた!といっても自分は判断基準がないのだけど、恋人曰く「ガラガラ」とのことッ!アトラクションは12個乗って、パレードを3つ見て、ランチショーも見たのでなかなか満喫できたと言っていいでしょう。ディズニーランドは極めた、といえる。左ノ助の二重の極み程度には。「おごるな小僧!極めるとはこういうことだ!」と言う上級者もいることでしょう。
 流れは、カリブ、ジャングル、スプラッシュ、スモール、(昼ご飯ショー)ホーン、スペース、スター、ミクロ、サンダー、(エレクトリカル)、パン、プー、ライトイヤー、という感じだった。アトラクションではスプラッシュとスペースが良かったな。恋人はスペース>スターの流れのところでは憔悴していたようだった。なるほど、コースターに弱いというのは本当だったようだ。
 スプラッシュとスペースもよかったが、一番よかったのはエレクトリカルパレードだった。ディズニーならではというものだろうしね。夜のは昼のパレードとは雲泥の差がある。昼のパレードがカスに見えるほどッ!夜で周りは暗くなっているのでより世界観に没入できる。なによりBGMがディ・モールト良ィ!泣ける。夜はランド全体がよりよく見える。というか余計なものが見えないとも言える。シンデレラ城の周りが特に幻想的で良いね。
 ディズニーランドのすごいところは細かいところまで手を抜かずに作りこんであるところ。世界観を作りこんであるので、ある種海外旅行に行ったときの感覚に近くなるのかも。それだけのことをできる組織はビジョナリーカンパニーと言っていいと思う。それ以上に、あれだけ人を夢中にさせるものを作ったウォルト・ディズニーの偉大さに敬意を表するッ!!

・・・
note 始めました note

メッセージやお問い合わせはお問い合わせページからどうぞ