SSDに換装したけど色々ハマった

SSDを買ったのでMac miniのハードディスクを交換した。
結果的に劇的に早くなって満足だが途中色々ハマったお話。

ハマり1 トルクスドライバー

前にもMac mini のHDDを交換したことがあったので早速取り掛かったが、トルクスドライバーが必要だった。前に交換したときは古い機種のMac mini だったようだ。記憶違い!

ということで急遽トルクスドライバーを買いに行った。近くの店には置いておらず、大きいホームセンターまでハシゴするはめになった。

ハマり2 HDDのクローン作成するもBootcamp起動できず

HDDクローンソフト「EaseUS Todo Backup Free」で交換前のHDDのクローンを作成し、HDDを交換した。起動してみたところ、MacOSは問題なく起動したが、BootcampでインストールしたWindowsが起動しない。

Windowsの回復メニューから起動不具合を解決できるとの情報があったので、インストールメディアを使って回復メニューに入ろうとした。が、回復メニューに行くボタンが出てこない!

一度古いHDDに戻し、Windowsを起動させて「回復ドライブ」を作成したところ、回復ドライブから回復メニューに入ることができた。

回復メニューで、コマンドラインから「bootrec /RebuildBcd」を実行し、その後「自動回復」を行ったところ解決することができた。無事にWindowsが起動した!!

ハマり3 SSDがめっちゃ遅い

SSDに交換したのにWindowsの動作がとても遅い!タスクマネージャーを見てみると、ディスクの使用状況が「0.1MB/sec 100%」という表示になっている。

「acronis true image」 というソフトが悪さをするらしい。アンインストールして解決した。ちなみにこのソフト、SSDに付属していたソフトです。公式の付属ソフトが悪さするとは・・・

解決後

本当に早くて快適です!特に起動、めっちゃ早い!!正確に測ったわけではないけど電源投入から10秒くらいで起動してる。