硫黄島からの手紙

ちょっと前のことだが、映画「硫黄島からの手紙」を見た。
以前に「散るぞ悲しき」という本を読んでいたので、それとリンクする場面があってより深く心に入ってきた!
映画自体の感想としては、ARASHIの二宮の演技が意外なほどに上手かった。上手いとは聞いていたが思っていた以上だった。やるねェ。話の描き方などはもっとぐっと来るようにできるのではないかと思った。水が無い苦しみなんかはあまり描かれてなかった気がするし、手紙もそれほど焦点が当たっているわけでもなかったし。心に入ってきたのも本を読んでいたからという気もするし。総合は上の下ってところでしょうか。
ということでもう一度この本をお勧めしておこうッ!読んでない人は一読をお勧めするッッ!!
散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道
散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道
梯 久美子